トップページ >軟骨の成分について

軟骨の成分について

加齢と共に、膝の痛みが強くなる人が多いようです。軟骨が擦り減ることに加え、筋肉の減少なども影響しているようです。膝が痛くなると、歩くのも困難になり日常生活に支障がでてしまいますね。そんな膝の痛みに効果的とされているサプリメントが、いろいろ販売されています。

 

今回は、膝の痛みとサプリメントについてお話をしていきます。関節が痛むのは、軟骨が擦り減って衝撃を吸収できなくなっているからです。軟骨の成分を補うことで、それを緩和することが出来るようです。軟骨の成分には、グルコサミン、コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。それも軟骨をつくる成分ですが、それぞれ特徴がありますのでそれをご紹介していきましょう。

 

グルコサミン
関節を作っている成分で、ヒアルロン酸やコンドロイチンの材料になるもの。軟骨の炎症や擦り減りを抑えてくれたり、軟骨の再生をする働きがある。関節の新陳代謝をサポートしてくれる。
関節に対してとても効果があるので、サプリメントの種類も多いようです。加齢にともなって擦り減ってしまう軟骨のはたらきをサポートする成分として、なくてはならない存在です。

 

コンドロイチン
軟骨の水分を保ったり、弾力性を良くする働きがある。軟骨は骨と骨がこすれないように、クッションのようなはたらきをしています。ですから、暖色性が命といえるでしょう。水分がなくなったり弾力性がなくなったりすると、軟骨はすぐに擦り減ってしまいます。ですから、コンドロイチンも関節の痛みに有効な成分なのです。

 

コラーゲン
弾力を保つというはたらきはコンドロイチンと同じですが、コンドロイチンと違って酸い分に酔ってもたらされる弾力ではありません。

 

ヒアルロン酸
潤滑油としてはたらきます。

 

参考サイト:http://fantastic-beasts-hp.com/